お役に立てて嬉しいな!

時々、自分なんて、何の才能もないし、
情熱があっても、出来ることも大した
ことはないので、情けないなーと
思うことが多々ある。

若いころは、自分の可能性を見出し、
希望や夢に満ち溢れていた。怖いもの
知らずで、何でもチャレンジして砕け
てもさほどショックでもなかったし。
それ以上に、自分を信じていたのかな。

今は、そんな若い時代とは違う時間を
、過ごしてみたいと思うようになり、
そのなかで、自分の存在は何かをみつ
めるようになった。

規模は縮小したけれど、私にもやはり
役割があって、みんなに喜んでもらえる
場面が、ちゃんと存在している。

それは、自分が望んでいた、とても大切な
こと。何の見返りも求めない世界。本当に
心を込めた世界。その時々のお付き合いの
なかで、あなたに出逢えてよかった!と、
思い合える瞬間。お役に立てて嬉しい時間。

それが自然にできてる今が、幸せです。