オートファジー

ノーベル医学・生理学賞受賞の大隈教授
の研究で、すっかり有名になった、
オートファジー」。酵母の細胞を使い、
細胞に核のあるすべての生物に備わる
生命の基本的な仕組みを解明されたという
ことで、今後、がんや神経の病気の予防・
治療の開発、老化防止に期待が高まるとの
こと。どんどん医学は進歩しますね。

難しいことは、よくわかりませんが、
このオートファジーを活性化するには、
断食が良いと言われてます。空腹感を
感じることで、人間に備わる機能が、
フル回転!細胞に溜まった老廃物を分解し
エネルギーに変換し、細胞は活性化する
というのです。

よく8時間~12時間は、食べない時間を
作ると良い!プチ断食で、朝食を抜くと
良い!しっかり断食なら、24時間~
48時間ぐらい空腹にすると良い!など、
体調に合わせて、身体を調整すると良い
でしょう。

私の身体は、細胞に汚れが溜まってくると、
勝手に具合わるくなり、断食を強いられる
体調になり、三日食べれなくなります(笑)
なので、仕方なく寝込むことに・・・
オートファジーを活性化してるのね・・・
と、自分で自分を応援する時間です。

東洋医学や自然医学では、「自然治癒力」
という言葉がよく出てきますが、こうして、
科学が解明されていくことで、自然の
力・生命力の仕組みの素晴らしさを感じて
なりません。

みなさんも、オートファジー活性化させて、
いつもビューティーな細胞で、お過ごし
くださいね!