モラルジレンマ

先日テレビで、モラルジレンマ授業の特集を見
た。とても興味深く、考えさせられた。

 モラルジレンマ(価値葛藤)授業のねらいは、
自分を大切に思う「自尊感情」を育て、「個の
確立」を図り、自分も他者も共に尊重する「共生
共存」の心を育てる。

 一見、昔の道徳の授業を思い出すが、私の学生
のころは、答えの決まっている道徳授業だったよ
うに思う。正義は勝つ!世の中で正しいというこ
とは、常識的なことだと決め付けられてたような
・・・
正しいことは、みんなが認めてくれるとか。結果
がわかってる授業だったが、この授業に答えはない
ようだ。みんなで話し合うなかで、自分の意見を
しっかり持ちつつ、他者に配慮できる人作りを目指
す。

 そうそう・・・心理学を学んでいるときに、何度
もこんなかんじの授業があった。固定観念は、多く
は親や学校で学んだこと。それが本当に正しいのか
は、大人になってもう一度再確認してみるといい。

 相手の気持ちを汲む。自分の考えと相手の考え
を、よりよい状況に統合させる力は、やがて心や命
を大切にできるすばらしい人間を作り出す。
多くの人との関わりが、自分を育ててくれるんだ
ね。

 テレビのなかの子供たちは、本当に純粋で真剣に
授業に参加し、討論していた。この授業、子供だけで
なく私もも受けたいな~すでに、頭カチカチ、固定観
念の塊の大人には、必要です!