友達以上友情未満

いろんなタイプの友人がいる。
若い頃からの友人に始まり、
過去自分の環境の変化のなかで、
知り合ってきた友達。

何か響き合い、仲良しになった。
生き方、趣味、育った環境、
同じ苦しみ、お仕事・・・
双方が認め合う心地良さから、
仲良しになる。

最近、友人と友情について語り
合っていた。若いころのような、
いろーんな人と広く浅く知り合
いたい欲望はなくなり、大切な
人との時間を密に過ごしたい。
多くの友人がそう話す。

なんだかわかる・・・
友情って何?今更ながら、そんな
ことを考えていた。

女性のことしかわからないけど、
同性の友情は、なかなか難しい。
苦しみへの同情は成立しやすく、
悲しいかな、幸せに関しては、
同時に進行していればよいけれど、
片方だけならば、ギクシャクする。
やがて、友情関係はなくなる。

とても寂しい瞬間であるけれど、
よくある現実・・・大切な友人の
幸せを心から喜びたいと思う純心
さを、同じ感覚で相手に求めると、
失敗することは多い。

もちろん、友情を感じられる瞬間も
ある。年齢に関係なく、苦労を多く
経験している人は、苦しみも喜びも
共に分かち合える大切な友。

友達以上友情未満ぐらいの気持ちで
お付き合いするのが、相手に期待
しなくてよいかんじ。

異性との友情はどうだろう?
あり!という人となし!という人
真っ二つ。これについては、また
次回・・・