旅立ち

巣立ちをしようとしているかわいい
カラスに出会った。そのカラスは右足
を骨折していた・・・だから、うまく
動けず、鳴いていた・・・どうして
あげることもできず、そっと声をかけ
て応援するだけ。

そのうちに、両親が飛んできて、
見守っている・・・応援するかのよう
に、鳴いていた。それは、外的から
子供を守るためにだと思う。

二時間ぐらいそんな時間が続き、
とうとう、かわいいカラスは、全力
を振り絞り、羽を広げて、飛び立った。
すばらしい、瞬間だった。足は不自由
だけど、その羽の力で、生きてね・・・
って祈った。

空を見上げると、両親がお役目を
終えた。というなんとも寂しいオーラー
で、電柱にしばらく留まっていた。
とてもせつない瞬間だった。

自然を生き抜く親子の姿は、素晴らし
かった!

人間の世界も、お役目を終えると、
こうしてお別れの時が来るんだなー。
出会いと別れを繰り返し、自分の
使命を果たしていく。

せつない・・・でも、それが自然
の摂理なのだ。