紹興酒の香り漬け

今年は新緑の色が、とびきりキレイで
鮮やかな気がする・・・一人思って
いたら、先日、タクシーに乗ったとき
、中国出身の運転手さんが、同じこと
を言ってた。やっぱりそうですよね~
と、なんだか嬉しくて、自然について
語り合い。

中国の方とお話したせいか、急に、
紹興酒が飲みたくなって、二十年熟成
の瓶を開けてみた。角がとれてて、ま
ろやか~。レモン汁をたっぷり搾り、
自分で作った、大根の紹興酒香り漬け
を食べて、ホッと一息。

紹興酒は、もち米と麹菌で発酵させた
醸造酒。乳酸菌の力を利用して作るそ
うです。

調べてみると「紹興酒」と名乗るため
の条件がありました!
1)紹興で作られる
2)かん湖の水で仕込まれる
3)三年以上熟成させる

以前、中国語を学んでいたときに、
世間話で、先生がお話してくださった
ことを思い出しました。

女の子が生れたときに、父親がお酒を
仕込み、お嫁に出る時に、そのお酒を
持たせる風習があったとか・・・

紹興酒もなかなか奥の深いお酒なんですね。

大根の紹興酒香り漬けは、簡単で美味
しいですよ。醤油、味醂、紹興酒を
ブレンドして、1cm角の拍子切りの
大根を軽く塩もみして、水気を絞り、
漬けこんでね!あっさり大根にコクと
香りがついて、お料理上手!

疲れた身体を癒してくれる風味です。